避妊方法としてコンドームを取り入れる方も多いかと思いますが、コンドームを装着していたとしても穴が開いてしまっていたり、性行為の最中に破けてしまったりすることもあるので、完全に妊娠を防ぐことは難しいと言えます。
性行為中にもしそのようなことが起きた場合は、アフターピルを服用することで妊娠の可能性をできる限り抑えられるでしょう。
では、アフターピルを服用することになった場合、どれくらいのタイミングで服用すると効果が得られやすいのでしょうか?
今回は、アフターピルの効果が得られやすい服用のタイミングについて解説していきましょう。

アフターピルの効果を最大限得るにはいつ服用するべき?

アフターピルは基本的に性行為後72時間以内に服用した方が良いと言われています。
アフターピルとして日本でも認可されている「ノルレボ錠」の場合も、性行為72時間以内の服用を推奨しているのですが、実際は性行為を行ってから服用するまでの時間が早ければ早いほど避妊効果も高くなりやすいです。
「72時間以内だからまだ大丈夫」と考えるよりも、できるだけ早く服用した方がアフターピルの効果を最大限得られやすくなるでしょう。
なお、ノルレボ錠ではなくヤッペ法を取り入れたプラノバール配合錠の場合、同様に性行為後72時間以内の服用を推奨しています。
ただ、服用してから12時間後に再度薬を飲まなくてはなりません。
2回飲まなくてはならないという面倒さや副作用の多さから、現在はノルレボ錠が主流となっています。

服用するタイミングで注意すべきこと

アフターピルの効果を最大限に高めるためには72時間以内が推奨で、特に服用のタイミングは早ければ早いほど良いことが分かりましたが、タイミングにおいて気を付けないといけない点もあります。
例えばアフターピルには頭痛などの副作用が見られる場合もあるのですが、体内にアルコールが入ると副作用の症状を悪化させてしまう可能性もあるので、服用してから24時間以内はお酒を控えるようにしましょう。
また、薬は食後に服用した方が良いのでは?とイメージされる方もいますが、実際はあまり関係ありません。
食後ではないからという理由で服用のタイミングを遅くしてしまうと、アフターピルの効果を最大限に受けられなくなってしまうので注意しましょう。

アフターピルは避妊効果を得るために服用するものなので、効果を最大限受けられるようになるべく早めのタイミングで服用することをおすすめします。