デリケートゾーンに溜まる白い恥垢による臭いや汚れを気にされる女性は多く、女性器形成クリニックではそのような悩みの改善にも対応しています。
恥垢が溜まりやすい原因は女性器の副皮と呼ばれる部分に原因があると考えられます。
そもそも、なぜ恥垢はできてしまうのか、また女性器形成クリニックで行われる治療についてご紹介しましょう。

恥垢の正体は何?

デリケートゾーンに溜まってしまう恥垢ですが、これは尿やおりものなどの分泌物から形成されています。
平たい部分よりもでこぼこの溝がある部分に溜まりやすいため、大陰唇と小陰唇の溝に蓄積することが多いです。
溜まっていても健康状態に異常を起こすことはありませんが、放置してしまうと雑菌が繁殖しやすくなるので臭いが強くなったり、かゆみが広がったりする可能性があります。
臭いやかゆみに関しては女性器形成クリニックでも相談の多い内容となっています。
不快感をなくすためにも、定期的に恥垢を落とすことが望ましいです。

デリケートゾーンは丁寧に洗おう

恥垢はお風呂に入る時にデリケートゾーンを洗浄して落としましょう。
ただ、デリケートゾーンを洗う時は刺激の強い石鹸を避け、専用ソープなどを使用して洗うことを女性器形成クリニックでもおすすめしています。
また、洗う時に爪を立てたり、ゴシゴシ強く擦ったり、熱いお湯で流したりするのは粘膜を傷つけることになるので避けましょう。
指で優しく丁寧に落とし、ぬるま湯のシャワーで洗い流してください。

女性器形成クリニックで余分な副皮を切除

恥垢の洗浄は毎日行う必要がありませんが、溜まりやすい人は洗浄の頻度が多くなるでしょう。
洗う頻度が多くなると本来備わった洗浄機能が衰え、より汚れが溜まりやすい状態になってしまいます。
恥垢が溜まりやすい人は、女性器形成クリニックで余分な副皮を切除することにより改善される可能性があります。
副皮は小陰唇と大陰唇の間の前方部にあるヒダのことで、クリトリスにかけて両側にある人や片側だけにある人、全くないケースもあるので女性器形成クリニックで形を確認してもらいましょう。

大阪・梅田にある女性器形成クリニックでは、副皮切除手術に対応しているクリニックもあります。
余分な副皮を切除することで恥垢が溜まりにくくなるので、汚れや臭いによる不快感は軽減され、また不衛生な環境によって起きる炎症も起きにくくなるでしょう。
副皮切除手術は小陰唇縮小手術やクリトリス包茎術と合わせて行えるので、女性器に関する悩みを持っている人は、一度女性器形成クリニックを受診して相談されることをおすすめします。